ドラマ「東京タラレバ娘」第4話 レビューという名の個人的感想 〜女性の友情に感動〜 ※ネタバレあり

2017年2月8日にドラマ「東京タラレバ娘」の第4話が放送されました。そのレビューというか個人的な感想を綴ります。私は原作を読んでいないからなのか、このドラマ結構好きです。

 

 

 

前回の話のレビューというか感想はこちら

www.yuruwacha.com

 

 

スポンサーリンク

第4話概要

 

小雪大島優子)は丸井さん(田中圭)と付き合う?というか不倫状態で、香(榮倉奈々)はリョウちゃん(平岡祐太)のセカンド女状態。そして、倫子(吉高由里子)はKEY(坂口健太郎)に「あなたとは恋愛できない」と言われてしまいました。

 

倫子は、曲がりなりにも恋愛をしている小雪と香に対してジェラシーというか焦りみたいなものを感じてしまっていたのかもしれません。。また、KEYに言われたことも気にしていたのでしょう。そして、香と小雪の3人は重た〜いのケンカをしてしまうのです。

 

ケンカして早く仲直りしたくても、仲直りがなかなかできない3人。そんな中、倫子は部屋の掃除中に3人での思い出を思い出し、香はリョウちゃんにセカンド女としての雑な扱いを受け、小雪は丸井さんに箱根旅行をドタキャンされてしまいます。

 

そして、小雪は1人で箱根の旅館に行くのですが、そこに倫子と香を呼んで温泉に入って、お酒を飲んで仲直りしました。というのが今回の話の流れです。

 

レビューというか感想

 

丸井さんは結局チャラい?

 丸井さん、すごく誠実そう・ピュアそうに見えたのですが、あれは策士だなと思いました。ちょっと思っていたのですが、ちょっと信じたい気もしていて。前回の話の感想で、「小雪、結婚指輪してるかチェックしといたほうが…」と書いたのですが、丸井さん指輪してなかったですね。すいませんでした。

 

そして、妻が出産間近で実家に帰省しているのを”別居”だなんて。おそらく自分が誠実ように見える、無邪気な笑顔がいい、ということもわかって計算しているのでしょう。しかも、奥様の出産間近に浮気とは。やりますな。

 

自分も男なので、気持ちはわからなくもないのです。自分の目の前に突然好みの異性が現れ、しかも自分に好意を抱いているとなったら。私は「小雪めっちゃいいな」とか思ってもいますし。でもやっぱり不倫はよくないですかねー。

 

リョウちゃん彼女のパシリと化してね?

 香の元カレであるリョウちゃんは、売れているバンドマンでモデルの彼女がいます。今回の話では香と居る度に、このモデルの彼女から電話がかかってきます。その度に、リョウちゃんは香を置いて行ってしまうのです。

 

 電話きてすぐに行くのってちょっとパシリっぽい感じもしてしまうのですよね〜。リョウちゃんが優しいだけなのかもしれないし、「香はセカンドだし」って思っているかもしれませんが。

 

ただ、香と居る時のリョウちゃん楽しそうなので、なんか憎めない。これが彼の武器なのでしょう。彼女のほうが収入あって、彼女がいないと今の生活続けるの厳しいから的なこともあるのかな、とも思ったり。でも彼女のことが好きなのでしょう。

 

KEYの過去が少し衝撃的

 KEYが倫子にやたらと絡むのは倫子に”似ている人”が原因なのですが、KEYはその女性と結婚までしていたのです。早坂さん(鈴木亮平)とのお酒の席で明らかになりました。

 

あの若さで結婚まで決意できるってすごい!相当好きだったんだろうな。なんで亡くなってしまったのか気になるところです。ただ、このお酒の席でKEYは倫子の前だと素直に感情が出せることを認めています。ラブストーリーにありがちな展開ですが、すごいその関係いい。

 

早坂さんいい人過ぎる

 早坂さんは、マミちゃん(石川恋)と別れてしまったのだそうです。マミちゃんに他に好きな人ができたので。もうマミちゃんはその彼と付き合っているのです。マミちゃん、やり手過ぎでしょ。

 

でも、早坂さんはそんなマミちゃんを一切責めない。そして、倫子の出してくれた企画も褒めている。KEYの演技も褒めている。また、KEYと倫子のことを見て、KEYの過去のことも聞き出している。早坂さんのいい人感がめっちゃ出ていました。ただ、早坂さんがマミちゃんと別れたなら、倫子にもチャンスあり!?とも思ったり。

 

あっあと、今回倫子が早坂さんに出した企画、女友達の群像劇的なやつは今後の話の中でドラマ化されるのでしょう。もちろん、脚本は倫子で。希望的観測もありますが。

 

タラレバ娘たちの友情に感動

 やっぱり、友情っていいですね。 香がネイルサロンをオープンしたり、小雪が調理師免許とったり、倫子が脚本家デビューした時には喜びを分かち合っているシーンにはジーンときました。

 

そして、倫子がKEYに言ったセリフも感動的。「あいつらがいたから人生楽しいんだよ」的なセリフ。うん。友達って大事。何か辛いことがあっても側にいたり、一緒にお酒を飲んでくれる人たちがいるってのいうのは大きいです。

 

倫子の独り言!?にグッときた

 倫子が1人で歩きながら、色々なことを考えているシーンが毎回好きなのですが、今回のもグッときました。特に

「重いよすべてが」

ってセリフが響きました。自分も10代や20代前半に比べて、色々と不安になったりすることが増えてきたなと感じています。めっちゃ共感できました。

 

最後に

今回の話は、「タラレバ言ってたっていいじゃん」となんか自分のことを受け入れて、前向きになっていた気がします。そして、これから徐々に彼女達は幸せに近づいていくのかな、とも思ったり。今後の展開に注目です。

 

次回の話のレビューというか感想はこちら

www.yuruwacha.com

 

 

コメント