HTMLとCSS勉強し直してみた

技術的な何か

HTMLとCSSを改めて勉強し直してみての感想をズラズラと書いていく。

勉強し直そうと思った背景

エンジニアとして1年くらい働いているが、意外にHTMLとCSSが苦手意識がまだあった。

苦手意識があったのには、TECH::EXPERTのカリキュラム的にHTMLとCSSはそこまで触れる機会がなかったのもあると思うが、自分の中でもHTMLとCSSは”難しくはない”という意識があったため軽視していた。

レスポンシブデザインの実装についてあまり知らなかったので、しっかりと学びたかったから。

将来的にはフロントエンド寄りのエンジニアになりたいと思っているのに、HTMLとCSSの基礎がなっていないのはマズイと思った。

勉強に使った教材と何故これにしたか

「HTML&CSSとWebデザインが1冊できちんと身につく本」という本にしました。

これにした理由は下記です。

  • 基礎から学べそう
  • レスポンシブデザインに対応してる
  • 作りながら学ぶことができる
  • 実装するサイトが割とカッコいい
  • Webデザインについても少し触れられている

勉強してみてよかったこと(ほぼ教材の感想だけど)

勉強する前には知らなかったHTMLタグやCSSのプロパティなども学ぶことができた。例えば、HTMLタグで言えば、<section>タグは知らなかったし、CSSプロパティについてはcursor:とか知らないのは結構あった。恥ずかしながら知らないの多いなぁという感じでした。

そして、CSSでもできることは結構多いなぁと感じた。hover使えば、マウスを載せている時にボタンの色を変えたりできるし。CSS結構楽しいなぁって。

この本で必要なことは一通り学ぶことはできたのかなぁと思う。

また、今まで意味とか考えずになんとなくで実装してきていたけど、ちゃんと意味的なまとまりなども考えて実装するべきだなぁと感じた。その方がCSSの変更などもしやすいとうか。

あとはWebフォントについては全然知らなかった。これは知っておくと役立つシーンが結構多そう。上記の本だと「Google Fonts」を例に使い方を解説してくれてた。

 

最後の感想

ただ、この本を一回やっただけだとまだまだかなぁと思う。特に、HTML・CSSの設計的なところは今回の学習だけではまだまだだなと。実際に現場でも意識しながらやっていくしかないかなぁって。

 

でもHTMLとCSSを学び直したことで、より実装が楽しくなりそう。また、現場のコードも「こういう意味があったんだ」など発見も多い。とりあえず勉強し直してよかった!

 

コメント