人目を気にしすぎてしまうことについて

僕は、昔から人目を気にしすぎてしまう方です。気にしすぎて結局発言できなかったりしてしまうこともあります。しかし、人目を気にしすぎてしまうことのデメリットは割と多いということが記事や本などを読んで最近気づいてきました。今回は人目を気にしすぎてしまうことについて勝手に色々書いてきます。

 

自分の時間を確保できない

友達からの飲みの誘いなどを断りにくく感じてしまい、ついつい参加してしまっています。行った行ったらでその場はすごく楽しいのですが、飲みに行った後の疲れもドッときてしまいます。また、二次会三次会とかに行かずに帰ればいいのですが、そこでも「帰る」などと言い出せず夜遅くまで飲んでしまい、疲れを溜めてしまいます。

「今度の休み集まるぞ」的な会話でグループLINEなどで盛り上がっているときに、予定がないのに「自分はいけない」と言う発言をしたり、二次会三次会にいく流れのときに「自分は帰る」などと発言をするのはなかなか勇気がいるものですし。

結果的に自分のスキルアップのための勉強の時間であったり、1人の時間を確保できずに疲れがたまってしまいます。(自分は1人の時間が欲しい内向的なタイプです。)自分の体調管理がおろそかになってしまいがちになります。

自分がいっぱいいっぱいになってしまう

仕事などで頼まれたことを断ることができずに、いっぱいいっぱいになってしまいます。本当であれば頼まれたことをサッと片付けることができるスキルがあるのが一番いいのですが、現状の私としてはそこがまだまだ未熟なのもあっていっぱいいっぱいになってしまいます。

断ったり、周囲の人にうまく助けを求めるなどしてやっていくのが一番いいでしょう。ただ、そこがなかなか上手くできないのが、人目を気にしすぎてしまう人なのかもしれませんが。

無駄に余計に疲れる

質問をしようとする時や、何か発言をするときに、「今このタイミングで質問したら迷惑にならないかな・・・」「こんなことを質問したらダメなやつと思われないか・・」「的外れな発言をしてないか・・・・」など余計なことをあれこれ考えてしまうことでしょう。人目を気にしすぎてしまう人は。

こんな余計なことを考えているうちに余計な疲れも蓄積されてしまいます。

本当は自分を守りたいだけ

人目を気にしすぎてしまう人の多くは、「この発言をしたら自分が嫌われるかも・・・」「この発言をしたら自分がダメなやつと思われるかも・・・」などと色々考えてしまっていることが多いかと思います。

このような考えに共通するのは「自分を守りたい」とうことだと思うのです。というかそのこと最近気付きました。

本当にその発言をしたら嫌われるのか、その人に嫌われたら自分は損をするのか、そんなことで嫌うような友人が本当に大切なのか、などと自分本位に少しものを考えていみてもいいのかなと思います。自分もまだまだ実践中の身ですが。

バランスを考えながら徐々に気にし過ぎるのをやめてみても

もちろん、自分のことばかり考えろというわけではないです。職場の仲間との助け合いも大切ですし、友人や家族などとの関係も大切です。生きていく上で周囲の人との関係は大切です。

そのバランスも考えながら、自分のことももう少し大切にしていいのかなと最近思うようになりました。また、周囲の人から「できないダメなやつ」だと思われてもいいんじゃないかと少し思うようになりました。

人生は一度きりです。周囲の人の目ばかり気にしすぎて自分が損なことばかりしてしまうのももったいないかなとも思うのです。

下記の漫画が結構いいこと言っているな個人的に思ったのでリンク貼っておきます。

漫画 もう「いい人」になるのはやめなさい!
Amazonで潮凪洋介, うげっぱの漫画 もう「いい人」になるのはやめなさい!。アマゾンならポイント還元本が多数。潮凪洋介, うげっぱ作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また漫画 もう「いい人」になるのはやめなさい!もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

関連記事

生きにくさを感じている要因は内向型的な性質かもしれない
なんとなく世の中に”生きにくさ”的なものを感じている人っているのではないのでしょうか?「よくわからないけど、生きにくい。なんか辛い。」という感じのモヤモヤしたものを。私は、こんな感じをずっと抱えて生きてきました。それでもそれなりに人生は楽し...

コメント