「御不浄バトル」のレビューとうか個人的な感想 ※ネタバレあり

芥川賞受賞作家である羽田圭介さんの作品「御不浄バトル」のレビューというか個人的な感想です。 ブラック企業が舞台の小説 駅や会社のトイレの個室が憩いの場  リアリティとユーモラスに溢れている     ブラック企業が舞台の小説   主人公は...

「何者」のレビューというか個人的な感想 ※ネタバレあり

朝井リョウさんの作品である「何者」。直木賞受賞作品であり、映画化されて話題にもなった作品です。そんな「何者」のレビューというか個人的な感想です。   ・それぞれの登場人物に共感できる部分がある ・働くことこれからどう生きていくのかなどの悩...

「ララピポ」(奥田英朗)のレビューというか個人的な感想

奥田英朗さんの作品である「ララピポ」のレビューというか個人的な感想です。    しょうもない人達の物語の短編集 この短編がつながっているのが最高に面白い リアリティに溢れているので”恐さ”も感じる エロさも入っているので、苦手な人は苦手か...

「むかし僕が死んだ家」〜東野圭吾著〜のレビューという個人的な感想 ※ネタバレあり

私は東野圭吾さんの作品が好きで、色々と読んでいます。(全部は読めていないですが。)その中でもこの作品はかなりの名作だと感じています。(東野さんが書くものはほとんど面白いのですが)今回はこの本のレビューというか個人的な感想です。   登場人...

「嫌われる勇気」レビューというか個人的な感想

以前にドラマ化もされていた本「嫌われる勇気」。この本のレビューというか個人的な感想です。   個人的に重要だと思った考え方 原因論ではなく目的論  課題の分離 個人的な感想 言っていることはわかるのだがこの考え方を実行するのはなかなか...

生きにくさを感じている要因は内向型的な性質かもしれない

なんとなく世の中に”生きにくさ”的なものを感じている人っているのではないのでしょうか?「よくわからないけど、生きにくい。なんか辛い。」という感じのモヤモヤしたものを。私は、こんな感じをずっと抱えて生きてきました。それでもそれなりに人生は楽し...